肌をきれいにしたいなら保湿が必要

女性であれば年齢に関係なく、保湿をすることに対して意識を向けているのではないでしょうか?しかし、どうして保湿が必要なのかを説明することはできますか?

 

何となく、他の人も保湿をしているか自分も保湿をしているという人も多いのではないでしょうか?保湿をすることによって、肌に含まれている水分を失わないようにすることができるから、保湿はとても大切なのです。

 

私たちの皮膚というのは、皮脂膜によって保護されているのですが、この皮脂膜の下には角質層が存在しています。この角質層には、たんぱく質で作られている角質細胞があります。角質細胞と角質細胞の間には水分が存在しており、この水分によって弾力性があるのです。

 

つまり、肌が乾燥をして水分が失われてしまうと、弾力性が失われ、硬くなってしまったりひび割れなどのトラブルが生じてしまうという事です。

 

私たちの肌で保湿の役割を果たしているものとして、皮脂が代表的なのですが、これ以外にも角質細胞間脂質や天然保湿因子などもあります。この3つの保湿成分というのは、加齢が進むとだんだん失われてきます。すると、水分も保たれにくくなってしまい、最終的に皮脂欠乏症になってしまいます。妊娠中のお腹もしっかりとケアしていないと肉割れの原因になりますので肉割れの消し方がわかるサイトを参考にしながら対策しましょう。

 

水分が失われてしまっているのであれば、しっかり水分を与えた後に保水をするようにしなくては、肌の状態を維持することはできません。

 

ちなみにお湯を使って洗顔をしてしばらくすると、顔がつっぱるような感じを感じたことがある人は多いのではないでしょうか?これは、お湯によって皮脂や角質細胞間細胞がなくなってしまって、肌の水分が失われてしまったことが原因です。ですから、お風呂上りは肌の水分が失われやすくなっていますから、しっかり水分を肌に与えて保水をしなくては、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。