育毛とホルモンの関係性

ヒゲやまつ毛、眉毛は年を重ねることでどんどんと変わっていくものです。ヒゲやまつ毛というのは、髪の毛と一緒で、その人の第一印象に影響を与える部分です。

 

後頭部の髪の毛、まつ毛、わき毛、すね毛などの部分は、男性ホルモンと関係が深い部分です。ほかにも、前髪や頭頂部の髪の毛というのは、女性ホルモンと関係が深い部分です。

 

男性の方で、薄毛になっている方の場合、『男性型脱毛症』という脱毛症の恐れがあるため、後頭部の髪の毛が最初に薄くなることでしょう。

 

男性型脱毛症の原因は、『DHT』というホルモンが関係していて、このDHTが増加してしまうことで髪の毛が抜けてしまいます。

 

女性の場合の脱毛症は、『女性型脱毛症』といい、こちらの場合には、前髪のほうから最初に薄くなることでしょう。

 

しかし、男性と女性の脱毛症が反対になることもあるため、男性なのに『女性型脱毛症』になったり、女性なのに『男性型脱毛症』になったりするケースもあるようです。

 

男性のなかで、髪の毛と一緒にわき毛、陰毛がなくなってきて、全身の毛がなくなってしまう方がいるようです。この場合、「汎発性脱毛症」という脱毛症になっている可能性があり、これは、脱毛症のなかでも一番重度の脱毛症です。

 

この汎発性脱毛症の場合、薬などで治療をしても完全に治すことは困難とされているようです。

 

そのようなことから、生活習慣が乱れている方は、その乱れを改善し、食生活が偏っている方は、バランスの取れた食生活に改善しましょう。

 

>>育毛シャンプー比較ランキングへ