シャンプーの正しい方法

育毛のためには、シャンプーの仕方も重要なので、正しいシャンプーの仕方をお教えしますので実践してみましょう。

 

まず、シャンプー前には、ブラシを使って、髪の毛に付いているホコリを取ったり、髪のほつれを直しましょう。

 

そのときには、ロングヘアの方の場合、毛先から根元に向かって数回に分けてブラシを使うようにすると、毛根に負荷がかかりません。

 

お湯の温度ですが、36〜39度が適温で、熱すぎてしまうと、肌にとって良くないので、熱めにすることは避けましょう。

 

シャンプーを頭に付ける前にお湯で頭を濡らしておくことで、半分ほどの汚れは落ちるとされているため、髪の毛をただ濡らすのではなく、シャワーを数分程度、頭にかけるようにしましょう。

 

いよいよシャンプーですが、1〜2プッシュ程度で髪の毛は洗えることでしょう。シャンプーを頭に付けるときには、手のひらで泡立ててから付けるようにしましょう。

 

洗うときには、爪を立てるのではなく、指の腹を使ってマッサージするように洗っていきます。このときには、頭全体を揉みほぐすようにすると、頭皮に程よい刺激を与えることができます。

 

また、シャンプーによっては、何分間かそのままにしておくタイプもあるため、自分が使っているシャンプーにそのようなことが書いていないか確認しておきましょう。

 

頭を洗い終わったらすすぎですが、念入りにすすぐようにしましょう。抜け毛の原因の1つに、シャンプーが頭皮から落ちていないことが挙げられます。そのため、すすぎをしっかりと行い、頭皮に付いているシャンプーを落とすようにしましょう。

 

>>育毛シャンプー比較ランキングへ