育毛シャンプーの種類・タイプ

育毛シャンプーには4つのタイプがあり、男性ホルモン抑制タイプ、毛母細胞活性タイプ、皮脂抑制タイプ、血行促進タイプに分けられます。

 

・男性ホルモン抑制タイプ

 

このタイプは、5αリダクターゼという物質を抑えるタイプの育毛シャンプーのことです。
5αリダクターゼとは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンとくっつくことで、抜け毛の原因であるDHTという男性ホルモンに変化する物質のことです。

 

・毛母細胞活性タイプ

 

このタイプは、不飽和脂肪酸が主に含まれていて、髪が細胞分裂をする作用を促進させるタイプの育毛シャンプーのことです。
不飽和脂肪酸とは、体の中で細胞分裂をする作用を向上させて、細胞を活性化させる成分のことです。

 

・皮脂抑制タイプ

 

このタイプは、ビタミンB6や硫黄などが主に含まれていて、頭皮に必要な皮脂は除去せずに、必要のない皮脂だけを除去するタイプの育毛シャンプーのことです。
皮脂が多く出ていると髪の毛が生えてこない環境になってしまうため、皮脂が多く出ている方に適している育毛シャンプーです。

 

・血行促進タイプ

 

このタイプは、塩化カルプロニウムやセファランチンなどが主に入っていて、これらは、血管を広げたり、血液の流れを良くしたり、血液を作ったりする作用を持つ成分で、いろいろな病気に利用されてきた成分です。
この2つは育毛にも効果があることが分かったので、育毛シャンプーにも使われるようになりました。

 

このように、育毛シャンプーには、いろいろなタイプがあるため、自分の髪に合う育毛シャンプーを使うと良いでしょう。