育毛を促進するコラーゲン

コラーゲンが入っている食べ物で思いつくのは、フカヒレやアンコウなどでしょう。

 

また、「この商品はコラーゲンをぜいたくに使用しています」といった健康食品や化粧品はいろいろ販売されています。

 

そのコラーゲンとは、たんぱく質の1つで、人間にとって必要な成分のうちの1つでもあり、いろいろな組織を形作っていて、肌や臓器などにとっても必要な成分です。

 

また、このコラーゲンは、髪を作る働きを手助けしてくれる成分でもあります。

 

髪の毛の成分は、ケラチンというたんぱく質ですが、コラーゲンを体内に取り込むことで、髪の毛が太くなったり、濃くなったりするという報告がされています。

 

なぜ髪の毛が増えたり濃くなったかというと、コラーゲンがケラチンに働きかけたことにより、ケラチンの量が増加したためといわれています。

 

そのコラーゲンが豊富に含まれている食べ物には、例えば、粉ゼラチン、魚の皮、鶏の手羽先、レバー、すっぽんなどがあります。

 

ほかにも、コラーゲンが入っているコラーゲン鍋などもあり、コラーゲンについて関心がある方は、食べたことがあるでしょう。

 

そのコラーゲンは、体の中で分解をされたり合成をしたりしているため、継続して摂取し続けないと髪の毛はすぐにもとに戻ってしまいます。

 

そのようなことから、コラーゲンを摂取しても育毛には有効ではないのでは?という話も聞きます。

 

しかし、継続して摂取することで、髪の毛を作る働きを助けることは確かなので、育毛したいのであれば、継続してサプリメントなどから摂取してみてはどうでしょうか?