育毛を促進する薬

育毛をするための方法に薬を使う方法がありますが、外用薬タイプと内服薬タイプの2つがあります。

 

外用薬タイプのほうは、頭皮の血液の流れを改善する効果があり、頭皮に直接付けるというものです。

 

大抵の外用薬タイプの場合、頭に塗ったら、マッサージをするようにして薬を浸み込ませていきます。

 

このときには、育毛シャンプーなどを併用することで、相乗効果を発揮してくれます。

 

また、外用薬タイプの場合、『ミノキシジル』という成分が含まれているものが多く、『ミノキシジル』が含まれている商品には、例えば、『リアップ』や『ロゲイン』などが挙げられます。

 

内服薬タイプのほうは、飲むタイプの薬で、肌が敏感で外用薬を使うことができない方におすすめしたい薬です。

 

内服薬タイプの場合、『フィナステリド』という成分が含まれているものが多く、『フィナステリド』が含まれている商品には、例えば、『プロペシア』などが挙げられます。

 

しかし、腹痛や頭痛、下痢、精子の量が減る、性欲が落ちるなどの副作用の危険性があることは覚えておきましょう。

 

国内で内服薬タイプを使う場合には、医師の処方せんが必要なため、内服薬タイプを使いたい方は、医師に相談してみましょう。

 

インターネットなどを使うことで自分で手にすることはできますが、自己判断で使ってしまうと危険なので、あまりおすすめできません。

 

外用薬や内服薬以外では、サプリメントという形で育毛をすることができます。

 

しかし、内服薬タイプよりは効果は期待できないということを覚えておきましょう。